広島水道センター「スタッフブログ」

広島で水まわりのトラブル修理を行わせていただいたスタッフのブログです

蛇口水漏れ、トイレ詰まり修理は広島水道センター

トイレ詰まり、トイレ水漏れ修理は広島水道センター

広島水道センタースタッフブログ

水漏れ、詰まり、水道修理にお伺いした広島水道センターのスタッフブログです。
総件数:730 件
01.蛇口   

1 11 12 13 14 15

2006_12200009

「以前パッキンを交換してもらったときに、もう蛇口の中が磨り減ってるって言われたんです。」蛇口を交換する理由はさまざまです。蛇口が硬い、水が止まりにくい、レバー式のほうが便利なので…等いろいろな理由がありますが画像の用な2バルブのひねる蛇口の場合、ほとんどの方がシングルレバータイプの蛇口に交換されます。

2006_12200011

2バルブタイプより断然使いやすい蛇口。取り付け作業も20~30分で終了しました。新しい蛇口を見て「これも水漏れしたらパッキンの交換がいるの?」湯水混合のシングルレバー式の場合、吐水口からの水漏れはカートリッジと呼ばれる部品を交換します。

シングルレバー水栓の修理・交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口

2006年12月15日 UP

広島市西区 蛇口付け直し

2006_12140003

「別な業者さんに蛇口を付けてもらったんだけど蛇口がグラグラするんですよ。」蛇口の取り付け直しのご依頼を頂きました。蛇口は一度取り付けると次に交換するまでの10~20年間位ははずすことはありません。いいかげんな取付をしてしまうと、いつもグラグラしたり蛇口本体が左右に動いたり不快な状態が毎日続きます。

2006_12140005

蛇口の付け根の座金の部分が壁から浮いています。この座金が壁に締めるだけでもグラつきは解消される場合もありますが、硬くて閉まりません。

2006_12140007_1

蛇口をはずしてみると座金が回らない原因が分かりました。原因はシールテープの巻き過ぎ。シールテープとは蛇口の取付部分のねじ山に巻く防水テープです。蛇口の取付が上手く行かず取外した後、取付に失敗したシールテープを除去せずにその上からまたシールテープを巻いた結果、ネジからはみ出したシールテープが座金が締まるのを邪魔していたようです。

2006_12140017

取り付けをやり直し座金をしっかり締めるとグラつきが解消されました。「以前の蛇口はグラグラしてなかったのにね。」面倒くさいと簡単な手間を省いたりするとせっかく蛇口を交換したのにかえって不快な状態になってしまいます。こんな簡単な蛇口でも正しく取り付けることが大切です。

カテゴリー:01.蛇口, 14.故障の原因

2006_12080001_1

台所流し排水栓の水漏れ修理のご依頼を頂きました。「今朝になって急に流しの下から水が出てきたんです。」水を流してみると排水管の継ぎ手の部分からポタポタ水が出てきました。この継ぎ手の部分には断面が三角形のパッキンがはいっていますがどうやらそのパッキンが劣化したようです。しかし修理をしようと分解したところちょうど良いサイズのパッキンがありませんでした。

2006_12080006

同じサイズのパッキンが入手困難な場合、排水管の水漏れ部分の修理はパッキン交換の変わりに防水剤を使って補修することもできます。

流しの水漏れ・詰まりは広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 11.水漏れ

2006_11290002_3

「蛇口が壊れたので、今付いている蛇口よりもう少し簡単なものに替えて欲しい。」お風呂場の蛇口交換のご依頼を頂きました。今付いている蛇口は定量止水水栓と言って、設定した一定量の水を出したら自動的に水が止まる蛇口。浴槽に水を溜めるのに非常に便利な蛇口です。しかし便利な分値段も一般的なタイプより高価です。こうした蛇口から2ハンドルのタイプや普通のサーモスタット式、シングルレバー式の蛇口に交換してもまったく問題はありません。

蛇口の交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 04.浴室, 17.交換

2006_11290063

お風呂の蛇口のパッキン交換のご依頼を頂きました。この様な蛇口のパッキンには、コマパッキン・水栓上部パッキン・変心管パッキン・パイプパッキンと4種類のパッキン付いています。そのためパッキン交換は水が漏れる場所によって交換するパッキンも変わってきます。また、蛇口の構造によってはオーリングと呼ばれるパッキンや、コマパッキンではないタイプのものもあります。

2006_11290061

画像は吐水パイプ付け根のパイプパッキン。右が古いパッキン、左が新しいパッキン。取付には上下の方向があります。

パッキン交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 04.浴室, 16.修理

2006年11月26日 UP

呉市広 洗面所の蛇口交換

2005_01090002

呉市広の飲食店で「洗面所の蛇口が硬いので交換してほしい。」とご依頼を頂きました。飲食店など不特定多数の人が使用する蛇口は最近ではセンサー式の自動水栓が増えてきました。画像のものは従来どおりのハンドルを回すタイプの蛇口。長年の使用によりハンドルが硬くなっていて、これでは水を出すのも止めるのも大変です。

2005_01090006

蛇口の交換は洗面器などの取付穴の大きささえあえばどんなタイプにでも変更することができます。今回交換させて頂いたのは「オートストップ水栓」という蛇口上部のボタンを押すと適量の水を出し自動で止まるタイプ。止め忘れが無いので水も節約にもなります。

蛇口の修理・交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 05.洗面所, 17.交換

2006_11180052

お風呂の蛇口のパッキン交換のご依頼を頂きました。ハンドル内部のパッキンと吐水パイプの付け根のパッキン交換です。

2006_11180054

ハンドル内部のパッキンは簡単に交換できましたが……吐水パイプは取付部分がボロボロで、これではパッキン交換しても水が止まりません。吐水パイプの交換が必要です。

2006_11180063

左が新品、右が今回はずしたパイプ。水質や水流による磨耗、金属成分の溶出などの理由で少しずつ金属が削られていきます。何十年もの間、毎日使用することで水は金属を削ります。

2006_11180066

吐水パイプを取り替えて作業終了。水漏れも無く快適な蛇口にまりました。レバー式のように便利ではありませんが、ハンドルタイプの蛇口は構造が簡単で部品も少なく丈夫です。「簡単な作業だけどお願いできますか?」と言うお問い合わせをよく頂きます。こうした簡単な作業やパッキン1枚の交換でも喜んで作業させていただきます。

蛇口の修理・パッキンの交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 11.水漏れ, 16.修理

2006_11180002

「今朝までは何とも無かったんですけど、蛇口が夜になって急に漏れ出したんです。」とご依頼を頂きました。こんな風に蛇口がある日突然故障する場合があります。画像の蛇口は今では旧式のレバーを下に下げると水が出るタイプ。「今は逆なんですよね、ほら地震のアレで…」とお客様も以前から蛇口の交換に興味を持たれていたので今回は蛇口を交換させて頂きました。

2006_11180005

蛇口上部からの水漏れ。プラスチックのカバーの下から水が漏れています。ここからの水漏れは蛇口内部のカートリッジの交換でも水漏れの修理ができます。ただし、レバーを本体に取り付けている小さなビスが癒着(ゆちゃく)して回らない場合等はカートリッジ交換は難しいです。

2006_11180011

作業開始から約20分で交換作業完了しました。最近の蛇口は取替えが簡単にできるように工夫されていますので、交換にかかる時間が昔と比べて大幅に短縮されます。

レバー式水栓の修理・交換は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 03.台所, 11.水漏れ, 17.交換

2006_10050009a

「蛇口のハンドルの動きが硬い」ので直してほしいというご依頼をよく頂きます。大抵の場合、蛇口内部の部品交換で直る場合がほとんどです。

蛇口の水漏れ・故障修理は広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 05.洗面所, 06.洗濯場

2006_09030002

トイレの水漏れも便器へチョロチョロ漏場合だけでなく、いろいろな場所からの水漏れがあります。画像はトイレ内の衛生水栓からの水漏れ。最近はあまり見ることの無くなったタイプですがパッキンの交換で直る場合がほとんどです。

トイレ水漏れ詰まり修理の広島水道センター

カテゴリー:01.蛇口, 02.トイレ

1 10 11 12 13 14 15



総件数: 730 件

  • 月別アーカイブ