広島水道センター「スタッフブログ」

広島で水まわりのトラブル修理を行わせていただいたスタッフのブログです

蛇口水漏れ、トイレ詰まり修理は広島水道センター

トイレ詰まり、トイレ水漏れ修理は広島水道センター

広島水道センタースタッフブログ

水漏れ、詰まり、水道修理にお伺いした広島水道センターのスタッフブログです。
総件数:1,244 件

トップ

広島市東区のお客様から「便器からチョロチョロと水が流れてくる」と修理依頼のご連絡をいただきました。

過去にも何度か水廻りの修理でお伺させてもらっているお客様です。

先ずは現状の確認をする為に現地に急行しました。
弊社は現場にお伺いさせてもらい、現状の確認をして無料見積をお渡ししています。

お客様には原因をお伝えさせていただき、納得をしていただいた上で施行に入らせてもらいます。

到着後に確認すると、長年ご利用されているトイレでした。

水を流していない状態でも便器から水が流れています。

タンクから水漏れが起こる原因

・便器から水がチョロチョロ流れ続ける
・レバーハンドルから水漏れ
・トイレタンクの底から水漏れ

上記がよくある水漏れする原因です。

今回のように便器からチョロチョロと水が流れ続ける原因はタンク内部に部品の劣化によるものです。

トイレタンクの仕組み

便器からチョロチョロと水が流れ続ける

トイレ排水はレバーを回すとフロートゴムに繋がっているチェーンが引き上げられ、空いたスペースからタンクに溜まっている水が便器に流れていく仕組みです。

この『フロートゴム』『チェーン』が劣化してしまうとチョロチョロと隙間から便器に水が出続けることになり水漏れの原因になります。

レバーハンドルから水漏れ

ハンドルレバーからの水漏れはパッキンの劣化、オーバーフロー管の劣化によるものです。オーバーフロー管はタンク内の水位を一定に保たせる役目をしています。水位が上昇しすぎてハンドルレバーから水漏れを起こした場合は、オーバーフロー管にゴミがつまっていないか確認が必要になります。また消耗品になる為、長くご使用されている部品は交換することで水漏れが改善します。

トイレタンクの底から水漏れ

トイレタンク底から水漏れする場合は接続部分のパッキンが劣化して水漏れをする場合とタンク本体に亀裂が入っている事があります。タンクは陶器で出来ているので強度はありますが、掃除の最中など何かの表示で強い衝撃を与えて亀裂が入ってしまうことがあります。放置しておくと水漏れで床が水浸しになり最終的に床の張り替えを行なわないといけません。早めの対象をする必要があります。

今回は長くご使用されていたので、新しいトイレタンクと取り替え作業になりました。
TOTO HH11262Z 内部樹脂タンク一式手洗付

耐久性があり、軽くて施工がしやすいのが特徴です。

タンク内に部品を設置して、お客様と通水の確認と作業の内容をお伝えして完了です。

トイレタンクはカビや汚れが付着しやすい場所です。掃除をすることで長く使用できるので定期的に綺麗にすることをお勧めします。

トイレタンク掃除注意点

タンク内にある部品の素材には塩素、酸素系の洗剤を使用すると傷んでしまうものがあります。

あまり過度にこすったりせず、ブラシで優しく洗うようにしてください。

またトイレタンクからの水漏れに気が付いた場合は応急処置として、先ずは止水栓を閉じてください。止水栓はタンクと壁を繋いでいる給水管、もしくは床に付いています。

今日から快適にトイレをご使用していただけます。
ご依頼ありがとうございました。


弊社はTOTO和洋リモデル認定施工店です。
お客様のご要望をお伺いしながら蛇口交換、水漏れから便器の交換までスピード対応いたします。


365日営業中!
土日祝はもちろん、GW・お盆・年末年始も営業しているのでお気軽にご連絡ください。

【過去のスタッフブロ・施工事例】

【広島市安佐南区】
 床がビシャ濡れ
 トイレ 便器 と床の接着面から水が漏れる


【広島市安佐南区】
 Panasonic 便器交換
 突然のトイレ修理は広島水道センターにお任せ!


・・・・・・・・・・・・・・・
水道局指定工事店
排水設備工事指定店
排水管清掃業登録事業者です。
24時間受付・年中無休で対応
ご相談はお電話やメールでも承ります。
https://www.302030.com
0120-30-20-30
水もれ・つまり・みずもれは
さんぜろ・にーぜろ・さんぜろ♪
・・・・・・・・・・・・・・・



カテゴリー:02.トイレ

トップ



総件数: 1,244 件

  • 月別アーカイブ