広島水道センター「スタッフブログ」

広島で水まわりのトラブル修理を行わせていただいたスタッフのブログです

蛇口水漏れ、トイレ詰まり修理は広島水道センター

トイレ詰まり、トイレ水漏れ修理は広島水道センター

広島水道センタースタッフブログ

水漏れ、詰まり、水道修理にお伺いした広島水道センターのスタッフブログです。
総件数:1,308 件

トップ

竹原市に在中されているお客様から「トイレがつまりやすい」との事でお困りと、ご依頼をいただきました。

先ずはお伺いして現状の確認です。

15年ぐらい前のナショナルのタンクレストイレをお使いで、流れが悪くしっかり流れ切らない状態でした。

まず、タンクレストイレについて説明します。


一般的なトイレは「便器」「便座」「タンク」の3つで成り立っています。

タンクレストイレ
「タンクレストイレ」は「便器一体型トイレ」とも言い「便器」+「便座」となり、「タンク」が無いトイレの事を言います。見た目がスタイリッシュで最近はとても人気になっています。

組み合わせトイレ

「組み合わせトイレ」は従来のトイレで「便器」+「便座」+「タンク」があるトイレです。


選ぶ際はデメリットもしっかりと把握しておいた方がいいかと思います。

タンクレストイレが故障した際は基本的にはメーカーで修理対応です。しかし、大体10年ぐらい経つとメーカーでの部品製造が終了する為、修理不可もしくは新品の便器を購入する金額と同額になってしまう事もあります。

組み合わせトイレでは故障しても部品交換をして使えるので、一般的にタンクレストイレよりも寿命が長く使えます。手入れをしていたら20年以上使用できる場合もございます。

最近は節水タイプのタンクレストイレもありオシャレで環境にも考慮した物もあります。

これにもまたデメリットがあり、築年数が古い一軒家のご自宅では地中にある排水管の傾斜が緩やかだと節水タイプでは水の勢いが足りず、慢性的に排水菅が詰まりやすくなる事もございます。

弊社では、お客様に合わせたメリットとデメリットを丁寧に説明しておりますので、安心してご相談頂けると幸いです。

今回の場合は、15年使用との事でメーカーでの部品製造が終了していたので、修理が出来ない状態でした。メーカーの部品が無い為、修理が出来ないので便器交換を提案しました。お客様のご希望としては新しいトイレもタンクレストイレを初めはご希望されていましたが、タンクレスのメリットとデメリットを説明して検討して頂きました。

後日、お客様から便器交換の依頼が正式にあり、長く使えるタンク有の 組み合わせトイレへ交換の作業を行いました。

便器交換をする時は、見た目も大切ですが、メンテナンスのしやすさも重要になってきます。
作業後お客様からも「長く使える物を納得して選べて良かったよ。」と喜びの声を頂き、私共も大変うれしく感じました。ご利用頂きありがとうございました。

広島水道センターは365日営業しています。土日祝はもちろん、GW・お盆・年末年始も営業しているのでお気軽にご連絡ください。

【過去のトイレ施工一覧】

【広島市南区】
 トイレつまり便器脱着 作業

【広島市南区】
 トイレタンクから便器に水が流れ続ける
 フロートゴム交換


・・・・・・・・・・・・・・・
水道局指定工事店
排水設備工事指定店
排水管清掃業登録事業者です。
24時間受付・年中無休で対応
ご相談はお電話やメールでも承ります。
https://www.302030.com
0120-30-20-30
水もれ・つまり・みずもれは
さんぜろ・にーぜろ・さんぜろ♪
広島水道センター
・・・・・・・・・・・・・・ ・

カテゴリー:02.トイレ

トップ



総件数: 1,308 件

  • 月別アーカイブ